読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Portugal/Algarve's Life(ポルトガル・アルガルブから)

ポルトガル・アルガルブ地方の町、Praia da luzでお菓子屋経営 & ときどき旅日記

スペイン最大のローマ遺跡が残る街、Mérida(メリダ)

Monsaraz(モンサラーシュ)観光で幸先のいいスタート切り、そこからMérida(メリダ)へ。

[http://]

すぐにスペインには入らず、ポルトガル側をAlandroal(アランドロアル)、Elvas(エルバシュ)を通過し、そこで国境を越えてBadajoz(バダホス)を通り目的地Mérida(メリダ)へ。

ゆっくり行っても3時間はかからない距離か。

 

いつもスペインで車を走らせていると思うのだが、日本では、もちろん北海道辺りになれば事情が違うだろうが、例えば東京ー大阪間を走っても最初から最後までほとんど民家が絶えることはないのに対し、スペインは街と街の間がほとんど田園風景と化す。

特に昨今凄まじい勢いで発達した高速道路網(一部区間を除き無料!)によりほとんどすべての高速道路は主要都市を横切らず、その横をかすめるように通っていく。

なので、走る場所によってはスペインのどこに人は住んでいるんだろう、と思いたくなるくらいに民家が全く見えない中を走ることになるのだが、それが大きな街の近くで高速を降り、街中に入ると途端に人と車とショッピングモールに出くわし戸惑うことになる。

Méridaはスペインの中で最もローマ遺跡が多く残る、紀元前25年まで歴史が遡る街。

f:id:Santos-pt:20161225212535j:plain

 

予想にたがわず駐車場を探しながら車を走らせているいきなりローマ橋が表れる。

このMêrida(メリダ)のローマ橋は世界で一番長いローマ橋だそうな。

f:id:Santos-pt:20161228043152j:plain

確かに長い。

 

すぐに駐車場を見つけることができたのでそこに車を止め、徒歩で観光開始。

と言ってもしっかりした計画的な観光とはほど遠く、事前に街の大体の地理は把握していたものの、ほぼ行き当たりばったりの観光。

それでも、

f:id:Santos-pt:20161225213656j:plain

 

f:id:Santos-pt:20161225213741j:plain

ローマ円形闘技場

f:id:Santos-pt:20161225213804j:plain

ローマ劇場。なかなか見事なものです。

 

f:id:Santos-pt:20161225214537j:plain

ディアナ神殿。

これらは全てユネスコ世界遺産委登録されています。

 

f:id:Santos-pt:20161225214853j:plain

先のローマ橋。アルカサバの塀の上から。

スペインにいながらこういうのはなんだが、イタリア・ローマにいるような気持ちになります。

Méridaの印象は

世界遺産にも登録されているローマ遺跡群は見ごたえ満点です。

ただ、街自体が大きく発展しているために、せっかくのローマ遺跡が他の(決して美しくない)近代建築の中に埋もれてしまっている感は否めません。ちょっと残念な点です。 

メリダのパラドールには泊まらず他のパラドールへ。

初めはここメリダのパラドールで一泊する予定だったのですがポルトガル出発直前、他のパラドールに変更したのです。

理由は、

  1. パラドールのサイトでメリダのパラドールを見た時、あまり魅かれなかった。
  2. 地図を見る限り、明らかに街のど真ん中。
  3. 犬がいるから犬を散歩にすぐ連れ出せるところがいい。
  4. そしてここのパラドールに行くことを止めさせた最大の理由は駐車料金が19€(2,300円前後)!

理由1、もちろん行ってみなければ分からない、という面はあるもののこういう直観的なものは意外に当たるんですよ。

 

理由2、街のど真ん中というのは電車やバス移動という際にはもちろん便利だけれど、まず自分は移動の手段が車。自分の好きな時に好きなように移動できるので街中である必要はない。これに加えて自分がパラドールに求めるものはどこにでもあるようなシティーホテルの類いではなく、中世の城や修道院を使ったいかにもパラドールと思わせるもの。その為には多少の交通の不便も厭いません。

実際メリダを訪れた際、パラドールがどんなところにあるのか車で通ってみたところ、本当に車が多く行きかう街のど真ん中でした。

 

理由3、2の理由に繋がりますが、犬は出来る限り放し飼いで散歩がしたい+犬が簡単に用足しできるように自然がすぐそばにあって欲しい。ここに泊まらなくて正解でした。

 

理由4、そして極め付け。駐車料金19€。パラドールのサイトでこれを発見した時、一瞬目を疑いました。なぜそんなに高い?

現地で、街のど真ん中という立地条件を見たらその駐車料金もしょうがない、とは思うもののよっぽどホテル料金を(客側の交通手段を問わず)全て10€上乗せして駐車料金は無し、とした方がスマートだと思うんだけど。

 

しかし、結果としてパラドールを変更して大正解でした。

ちなみにメリダのパラドールが悪いと言っているわけではないので誤解の無きように。

今回、自分が望んでいた条件に合わなかったというだけです。

 

ということで、メリダを後にしパラドールを予約したTrujillo(トゥルヒーリョ)に向かいました。

/*ページトップへ戻る*/