Portugal/Algarve's Life(ポルトガル・アルガルブから)

ポルトガル・アルガルブ地方の町、Praia da luzでお菓子屋経営 & ときどき旅日記

やっぱり良かった、Ciudad Rodrigo(シウダード・ロドリーゴ)とParador・Ciudad Rodrigo

フランスからポルトガルへ帰る前日、急遽スペインで一泊することに決め、出発点のフランスからポルトガルまでのちょうど真ん中あたりでどこかにしようか、と探したところでパラドール・Ciudad Rodrigo(シウダード・ロドリーゴを発見。

サイトの写真で一目ぼれして即決。

加えて今までにAmigo cardにためたポイントで今回は“部屋”は実質無料。


www.parador.es

 サラマンカからCiudad Rodrigo(シウダード・ロドリーゴ)まで90km弱。サラマンカまで辿り着けばそこから車で1時間はかからない距離。

冬の間はいつもフランス国境からBurgos(ブルゴス)辺りまでは雪の心配があるのだけれど今回は天気予報を見ても全く問題なし。

いつものことながらわくわくしてます。

 

サラマンカを過ぎてから目的地に到着するまで、結構さびしい行程ですね。両側2車線(計4車線)の立派な車道の周りは広大と言えばいいけれど民家なんて全然見えません。

と思いながらほどなくCiudad Rodrigo(シウダード・ロドリーゴ)に到着。もうポルトガルまで30Kmもない目と鼻の先、というところです。

少し迷いはしたものの無事パラドール発見。

f:id:Santos-pt:20170125010840j:plain

ここのパラドールは14世紀のお城。外観、いきなりインパクト強いです。絵にかいたようなお城。スーパーマリオの城そのまんまですね。

部屋は全部で35室。パラドールの中では小さい方です。     

f:id:Santos-pt:20170125053632j:plain

こちら入口。パラドールの敷地内に車10台ほど駐車できるスペースがあったのでそこに停めれば駐車料金はかかりません。外に駐車するとそこは公共の駐車スペースなので幾らかお金がかかるようです。いくらか知りませんが。この日はまだ公の年末・年始の休みが始まる前だったけれど駐車場はほぼ一杯でした。

     f:id:Santos-pt:20170125010909j:plain

 

f:id:Santos-pt:20170125054401j:plain

街にあったCiudad Rodrigo(シウダード・ロドリーゴ)の城壁内の全景図。コルクで製作されてました。左やや下に見える塔がパラドール。この街を守るように取り囲む城壁(およそ2km)の上をグルッと一周歩くことができます。ということで犬の散歩は問題なし。

f:id:Santos-pt:20170125054959j:plain f:id:Santos-pt:20170125055010j:plain

パラドール内部。

小規模なのでバーやレストランも小さ目です。レストランも夕食・朝食同じ場所でした。でも自分はでかいホテルよりもこじんまりしたホテルの方が好きです。

ちなみに夕食は、前菜+主菜+デザート、そしてミネラルウォーター、ワインボトル1本(赤か白か)これだけ付いて35ユーロでした。だいたい4000円前後、かな。結構お得感がありました

 

f:id:Santos-pt:20170125210547j:plain

f:id:Santos-pt:20170125210556j:plain

このパラドール自体も外壁伝いに一周できます。このシンボルマークの塔の中はバーになっているようです。この日は多分、客が少ないため閉まってたけど。そしてちょっと急な石階段があり登ることができます。

     

f:id:Santos-pt:20170125211205j:plain

これが塔のなか。結構寒かったです。

 

f:id:Santos-pt:20170125211607j:plain

眺めは抜群。ここから敵(ポルトガル)を攻撃したのでしょうね。

 

f:id:Santos-pt:20170125212010j:plain f:id:Santos-pt:20170125212038j:plain

          f:id:Santos-pt:20170125212125j:plain

時期はちょうどクリスマス前。街中はかわいくきれいにライトアップされていました。

      f:id:Santos-pt:20170125212350j:plain

こんなお菓子屋もありました。あまりそそられないけど…

   f:id:Santos-pt:20170125212519j:plain

そして歩いているとイベリコハムを売っている専門店を発見。

訊くと、ハムだけでなくチョリソーやソーセージ、ベーコンなど全て自家製だそうな。

幾つか買って家に帰ってから食べると本当に美味しかったです。これから可能な限り、この店へ寄って行こうと思います。お土産にも最適ですよ、きっと。

 

ここからポルトガルへは普通に考えればすぐに国境を越えてポルトガルに入ればいいのだけれど、アルガルブまではポルトガル側は高速道路が有料のため、スペイン側(カセレス、セビーリャ、アヤモンテ)を通って帰宅です。

 

/*ページトップへ戻る*/