Portugal/Algarve's Life(ポルトガル・アルガルブから)

ポルトガル・アルガルブ地方の町、Praia da luzでお菓子屋経営 & ときどき旅日記

プレミアム・フライデー

先日、フランスのニュースを見ていたら、日本の話題が。

プレミアム・フライデー 

www.francetvinfo.fr

 

正直、驚きました。

プレミアム・フライデーの話はネットで読んで知っていたけれど、まさかそれがフランスのゴールデンタイムのニュースで紹介されるとは、よっぽどフランス人にはセンセーショナルなことに映ったのだろうか。

日本人は働き過ぎる、会社に一生を捧げる、というようなイメージが海外では多くついているけれどそれが決して誇張でないことはこういうニュースを見ても分かる。

"Sushi", "Zen", "Manga", "Judoka", "kimono"など日本語から世界で使われるようになった単語は多々あるがその中に"Karoushi"(過労死)もそのまま海外で使われるようになっている現実は褒められたものではないと思う。

 

それにしてもこのプレミアム・フライデー。実際の1人1人の仕事量が減っているわけではないだろうから、金曜日に午後3時に退社できるように他の日の残業が増えるのではないか、あるいはプレミアム・フライデー明けの月曜日に結局仕事が貯まるのではないか、と気がかりだし、

こんな記事も。

www.tokyo-np.co.jp

収入が増えないのに、自由な時間だけが増えて、それがすぐ消費活動に繋がると考えるのはちょっと考え方が安易すぎはしないか?と思えてしまうのだが…。

付け焼刃、対症療法的な政策という印象が拭えないです。

 

 

/*ページトップへ戻る*/