Portugal/Algarve's Life(ポルトガル・アルガルブから)

ポルトガル・アルガルブ地方の町、Praia da luzでお菓子屋経営 & ときどき旅日記

Fujifilm、X100F, X-T20, GFX 50Sなど次々と発売へ。

2017年初め、Fujifilm攻めてますね。

レンズ固定式APS-CサイズカメラX100の4世代目「X100F」

X-T10の後継機、X-T2の廉価版に位置するミラーレス機「X-T20」

そして、有効5140万画素Fujifilm初の中判ミラーレスカメ「GFX 50S」に加えてこのカメラ専用のレンズ3本。

Fujifilmカメラ好きとしては心躍るニュースです。

  

 

 

FUJIFILM 中判ミラーレス一眼 ボディ GFX 50S
 

 個人的にはX-T20。でも今はまだ予算がなくて買えない、手が出ない。う~~~~ん、悩ましい…

色々な記事を読んでいると中判カメラGFX 50Sも欲しくなってしまう。しかしさすがにこれには手が出ない。

ここポルトガルでは全ての機種を見ることができるヨドバシのような店はないけれど、先日ある店でX-T10と日本では売られていないX-E2sを見ることができてそのデザインの良さに魅せられっぱなし。 

やっぱり、Xシリーズの魅力はまずそのデザイン。

 どっちもいいから更に悩ましい…

X-T系か、X-E系か。どっちもいい!

以前はチルト液晶はいらない、と思っていたけれど、X30を使い出したらやはり便利。そんなに頻繁には使わないけれども。

だから、X-T20に新しく付いた機能、タッチパネルも「別に無くても…」から「これ、いいじゃん!」となるのかもしれない。

 

買えるまでにはしばらく時間がいるけれどもそれまでに色々なコメント、レビューが出てくることだろう。とても楽しみである。

 

/*ページトップへ戻る*/